専業主婦が借りれるのはどこ?

近ごろよく目にするのが専業主婦OKの銀行カードローンです。
総量規制が理由で消費者金融会社やクレジットカード会社など、貸金業法で営業している業者のキャッシングが利用できない専業主婦でも、
総量規制対象外の銀行なら借入することができます。

 

もちろん審査に通る必要がありますが、配偶者である夫に安定した収入があれば申し込みが可能です。
銀行が提供している専業主婦向けのカードローンは、借入限度額はそれほど大きくはありません。

 

でも面倒な手続きナシでお金を借りられるというメリットがあります。
それに限度額があまり大きいと、ついつい借りすぎてしまうかもしれません。

 

ほどほどの利用限度額なら、コツコツ返済すればきちんと完済しやすいのです。
また通常なら極度額も小さいということで申し込みに際して収入証明書は一切不要です。

 

さらに配偶者の同意書の提出も必要ありません。

 

契約の際に必要になる書類は本人であることを証明する書類のみなので、準備に手間もかからない上に旦那にバレる心配もありません。
本人確認の電話連絡は携帯電話を指定して、カードや明細書の自宅への郵送ナシを希望すればさらに安心です。

 

インターネットを使った申込み方法なら迅速審査が可能で、条件次第では最短で即日融資にも対応してもらえます。
銀行カードローンは消費者金融にくらべて金利も低く抑えられているので、主婦でも安心して利用しやすくなっています。

 

夫や家族に内緒で借りられるので、家計がピンチのときなどに上手に活用してみてはいかがでしょうか。

気になる在席確認

カードローンは来店不要で申込めるため、本当に本人が申込んだのかを確認するために在席確認を行います。
会社員やフリーター・パートやアルバイトであれば勤務先に、専業主婦なら自宅に電話で連絡が入ります。
自宅にかけてこられては困るという場合は、携帯電話にかけてもらうことも可能です。
申込み時の情報記入欄に携帯電話の番号も書いておきましょう。

専業主婦の適用金利

金利は実質年率とも呼ばれ、各ローン会社で決まっています。
大きい金額を借りるほど低い金利で借りられるのではなく、審査で決まる契約限度額が高額なほど低い金利が適用されます。
500万円借りられる人が10万円借りた場合は、50万円借りられる人が10万円借りるよりも低金利で借りられる仕組みです。

 

専業主婦の場合は最大の借入額が30〜50万円までと上限が設定されており、これは配偶者の収入で返済ができるようにとの配慮です。
借入限度額が多くない分、金利は最高金利で借りるようになってしまいます。

 

年率は○%〜○%と表示され、後ろの数字が最高金利となり、専業主婦はこの後ろの数字が適用となります。
後ろの数字ができるだけ低い方が返済の負担なく借りられます。

レディースキャッシングはお得?

通常のカードローンの問い合わせ窓口のフリーダイヤルにかけるとには男性のオペレーターにつながることもあります。
レディースキャッシングは問い合わせ窓口は必ず女性が担当します。

 

相談しにくいことも同じ女性同士で聞きやすい、安心して問い合わせができるメリットがあります。

 

審査が通りやすい・金利を低くしてもらえるなど、条件面で優遇してもらえることはありません。

関連サイト

参考サイト

■専業主婦がお金を借りる方法S4|旦那に内緒OKのカードローン
http://www.mitaakira.com/

 

銀行カードローンと消費者金融の金利を専業主婦がお金を借りるなら銀行キャッシングですぐに知ることが出来ます。
専業主婦が申し込み可能なカードローン会社も分かるので審査落ちを防ぐこともできますよ。

 

■改正貸金業法とは : 知るぽると
https://www.shiruporuto.jp/finance/kinyu/yogo/yogo146.html

 

改正貸金業法がどんな法律か知りたい!」そんな方にはコチラのサイトがおすすめです。
金融用語が詳しく解説されているので改正賃金業法以外のことも理解できます。